FXとは何?初心者でも儲けられるのかで徹底解説

FXとは、外国為替証拠金取引という通貨のやり取りで儲けることができるサービスのことです。通貨同士の交換をする、いわゆる両替をします。具体的にFXでどのように稼ぐのか詳しく解説します。

FXとは?どのように利益を出すのか

FXは円とドルなどを交換する取引のことです。外貨を交換することで、利益を出せるので副業としても注目されています。なぜ、外貨を交換すると利益が出せるのか、これは通貨の価値が影響します。

例えば1ドル=100円などと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この場合1ドルを100円に両替できます。1ドル=110円のときもあれば99円のときもあります。通貨の価値は常に変動する仕組みをしているので、変動する値をうまく利用して差額で儲けることができるのがFXです。つまり1ドル100円のときに買い付けて、1ドル110円のときに通過を売れば、10円儲けることができます。

基本は【安く買って高く売る】なので、初心者でもわかりやすいルール。ちなみにFXは日々価値が変動するので、常にレートを見て、売買のタイミングを見計らう必要があります。ちなみに通貨の差額で利益を得る手段を【スポット益】とも呼びます。

レバレッジを使った大きな取引が可能

通貨を買い付けるには資金が必要です。たくさんあればいいのですが、一般の方が数百万円もの資金を用意するのは難しいです。そこで、レバレッジというサービスを使って資金を確保しましょう。

レバレッジとは、口座に預けた金額の数倍から数百倍もの資金を使えるサービスのことです。例えば5万円用意して、レバレッジを使い10倍にすれば、50万円の取引ができます。少額の資金でも多額の取引ができるので、初心者でも気軽に始められるのがFXの魅力です。

ちなみに、レバレッジは日本国内だと最大25倍まで対応します。25倍以上かけたい場合は、海外FXを使います。海外FXは最大数百倍ものレバレッジを行えるので、一攫千金を求めている人におすすめです。

スワップポイントもおすすめ

スワップポイントとは、高金利の通貨を買って低金利な通貨を売ることで、金利差分の利益を得られる方法です。FXは常に通貨の価値が変動するので、毎回確認しないといけません。忙しい方は常に通貨変動を見ることができないので、スワップポイントを使って利益を出すのがおすすめです。
頻繁に売買の売買を行う必要がなく、継続的に口座に利益が入る仕組みなので比較的安全な取引ができます。